三年番茶

「番茶」とはなかなか説明が難しいのですが(苦笑)
当地、山形では「ほうじ茶」を「番茶」という事も多いので混同されがちですが、本来「番茶」は低級な茶葉や三番茶(三回目に採取された茶葉)などを指します。
お手ごろな価格の緑茶、という感じですね。

しかしこの三年番茶はちょっと違いまして。
まず茶葉が「川柳」という一番茶の中で葉の大きい部分が少量取れるのですがその葉を使っています。
その葉を三年間じっくり低温保存しています。
そうすることでとってもマイルドで飲みやすい「三年番茶」が出来上がります。

そしてこの三年番茶は健康効果がとっても高いことにも注目なのです。
「ポリサッカライド」という成分が実にたくさん含まれており、このポリサッカライドは血糖効果作用があると言われています。
体脂肪を燃焼させる効果もあるそうです!
なんと素晴らしい!
ただ熱に弱い成分なのでぬるま湯または水出しで飲んでいただくことをオススメします。

でも熱湯で淹れるとカテキンが豊富に出てきます。
緑茶カテキンの効果はさんざん語りつくされていますが、免疫力向上、風邪やインフルの予防、抗酸化作用(アンチエイジング!!)、血糖値低下、脂肪燃焼と。。。嘘!というほどのイイ事尽くめな効果があると言われておりますので。
熱湯でいれてあつあつで飲むのも良いわけです。

あ、熟成過程でカフェインなどの刺激物質がほどよく少なくなっていますのでカフェイン含有量もとても少ないのも良いところですね。

150g入り 648yen

¥ 648

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クリックポスト

    全国一律 200円
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 200円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。